民主主義を再考しよう。

メール登録いただくとメールマガジンをお読みいただけます。
登録
湯浅誠

メルマガ発行のおしらせ

以下のメルマガ発行しました。 新規に配信を希望される方は、このサイトより、メールアドレスの登録をお願いします。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 湯浅誠の近況報告 2014.10.2 ...続きを読む

夏の思い出:藻谷浩介さんの流儀と謙虚さ

8月末には、『デフレの正体』『里山資本主義』の藻谷浩介さんと滋賀で対談。藻谷さんとご一緒するのは、週刊誌・テレビに続いて今年3度目。 冒頭、藻谷さんの基調講演があったが、滋賀県の現状を、都道府県レベルでの人口増減の比較や、県内 ...続きを読む

夏の思い出:くりこま高原で稲刈り

ひさしぶりに稲刈りに行ってきた。 と言うと、大げさか。正確には、稲刈りのお手伝い。より正確には、お手伝いと称してお世話されてきた(笑)。 うかがったのは、宮城県くりこま高原の「板倉農産」の阿部さん宅。昔ながらの旧家とい ...続きを読む

夏の思い出:ゼミ合宿

9月中旬には、2年生の「専門ゼミⅠ」の合宿。ゴールデンウィークに続いて今年2度目で、今度は2泊3日。 前期は3チームに別れて、それぞれが選んだテーマで3週ごとに発表をしてきたが、最後のゼミで、後期は「現実に誰かに責任を追いな ...続きを読む

夏の思い出:乗馬初体験

法政大学の遠野プログラムの中、最終日の自由時間に、初めて馬に乗った。 乗ったのは、アドマイヤビッグという元競走馬。武豊も乗ったことがあるという。 釜石に行くたびにお世話になっているNPOハンズの菊池隼が、遠野にあるJRAのト ...続きを読む

夏の思い出その1:学生たちと釜石へ

ゆっくり書く暇がなかった夏の思い出シリーズ。 8月20日から3泊4日で、法政大学の研修「遠野プログラム」に参加。 東日本大震災のときに、当時の学生たちが何かできないかと動き出したのが最初で、以後毎年続いて今年で ...続きを読む

季刊雑誌「はるまち」5号できました

季刊雑誌「はるまち」5号完成。 生活保護利用者・元利用者のライフヒストリーを淡々と届けるこの雑誌、今回の表紙と巻頭インタビューは村上吉宣さん。 村上さんは、全国父子家庭支援連絡会(全父子連)の理事で、ファザーリング・ジャ ...続きを読む