民主主義を再考しよう。

メール登録いただくとメールマガジンをお読みいただけます。
登録
湯浅誠

ウチの猫たち(その3)

――― 自分が猫好きになるなんて、猫を飼うまで想像していなかった。猫を別に嫌いだったわけではないが、どちらかといえば「犬派」だった。 高校生の時、実家で犬を飼っていた。犬種がポメラニアンなので、名前は「ポンちゃん」。 ...続きを読む

ロボットと人間と

ロボット(人工知能)がどんどん賢くなって、 人間を抜くとか抜かないとか。 どこまで「追い上げられる」かはともかく、 この事態を考えておく必要はある。 拙著『ヒーローを待っていても世界は変わらない』文庫 ...続きを読む

うちの猫たち(その2)みーちゃん

――― 2011年、新たに家族が「1人」増えた。きっかけは、東日本大震災だった。 当時、政府の震災ボランティア連携室長を担当した。ほぼ毎週、被災地へ足を運んだ。仕事内容は、例えば、ボランティアの車両が高速道路を通れるよう ...続きを読む

うちの猫たち(その1)にーたん

ちょっと一息。 以前に読売新聞に連載した、うちの猫たちの話。 4回連載のその1。 ――― 9年前のこと。ホームレスの人たちの支援活動をしていた私のところに、Uさんという男性が生活相談にやって来た。 Uさ ...続きを読む

ラジオ・フォーラムの本ができました

2013年1月からパーソナリティを続けてきたラジオ番組がある。 「ラジオ・フォーラム」。 2012年9月に終了した大阪毎日放送(MBS)の「たねまきジャーナル」というラジオ番組の存続を求める募金活動から生まれた。 ...続きを読む

高校存続とまちづくり

長野県白馬村で講演してきた。 対象は、白馬高校の在学生と地域住民の方たち、約200人。 人口9000人の村としては、大変よく集まってくださった。 この講演、少し経緯がある。 去年の秋、大学時代の同級生から20 ...続きを読む

3.11を前に

3月9日10日と釜石。 連載中の毎日新聞「くらしの明日」に以下を寄稿。 ――― 「ここを第二のふるさとにしたい」 東日本大震災の被災地、岩手県釜石市の甲子地区にある仮設団地の自治会長・萬(よろず)敬一郎さんの ...続きを読む

見ましたか?「みんなの学校」

2月より好評上映中の映画「みんなの学校」のパンフレットが届いた。 公立小学校でもここまでできる、ということを教えてくれる。 ホームページを見ると、上映予定地域もずいぶん増えた。 静岡、長野、大分などが新規に追加され ...続きを読む

あおぞらを失わないために

生活に困っている人のサポートをしてきて、 人間って、 複数の居場所がないと「もたない」生き物なんじゃないか、 と感じてきた。 根拠はないんだが、経験的に。 家庭と学校とか、 アパートとバイト先とか ...続きを読む

住民投票その後

先日この件をアップしてから、 たくさんの方たちからレスをいただいた。 ご意見や情報提供など。 賛成の方も反対の方もおられたが、 ほとんどの方が冷静に、真摯に、問題意識を投げかけられてきており、 意見の違 ...続きを読む