民主主義を再考し、
誰もが尊重される世の中をつくりたい。

社会活動家/法政大学教授

1969年東京都生まれ。東京大学法学部卒。2008年末の年越し派遣村村長を経て、2009年から足掛け3年間内閣府参与に就任。内閣官房社会的包摂推進室長、震災ボランティア連携室長など。政策決定の現場に携わったことで、官民協働とともに、日本社会を前に進めるために民主主義の成熟が重要と痛感する。

現在、法政大学現代福祉学部教授の他、NHK第一ラジオ「マイあさラジオ」、文化放送「大竹まことゴールデンラジオ」レギュラーコメンテーター、「ラジオフォーラム」レギュラーパーソナリティー、日本弁護士連合会市民会議委員。

講演内容は貧困問題にとどまらず、地域活性化や男女共同参画、人権問題などに渡る。

著書に『ヒーローを待っていても世界は変わらない』(朝日文庫)、第8回大佛次郎論壇賞、第14回平和・協同ジャーナリスト基金賞受賞した『反貧困』(岩波新書)、『貧困についてとことん考えてみた』(茂木健一郎と共著、NHK出版)など多数。

Yahoo!ニュース個人の連載「1ミリでも進める子どもの貧困対策」で「オーサーアワード2016」を受賞。また、法政大学「2016年度 学生が選ぶベストティーチャー賞」を受賞。

湯浅真

家族

ソーシャルワーカーのツレと2匹のネコとの4人暮らし。

ネコの種類は茶トラとミケ。

茶トラがにーたん、ミケがみーちゃん。にーたん(オス)は7kgある。ドラック依存症の相談者が、紹介した動物禁止のアパートで飼い始めちゃったので預っていたら、本人が不明になり、そのままウチのネコに。

みーちゃん(メス)は、飯舘村で保護されたネコ。左の前の手がない。飢えて山に入ってトラバサミにやられたと思われる。飼い主が飼えなくなったので、引き取った。

茶トラのにーたん、ミケのみーちゃん